めりーさんの高反発枕はイマイチでした…

マットレスに合う枕を選ぶと肩こりやイビキがかなり軽減されます。
ただ、枕選びはマットレスに合わせること、あなたのフィット感が重要です!

 

肩こり

 

モットンの販売会社であるモットンジャパンではモットンと合わせてめりーさんの高反発枕というものをすすめてますね。
私も実際に購入して試しましたが、高さ調節出来ないし使ってみた感想としてはいまいちだったので返金してもらいました。。。

 

メリーさんの高反発枕

 

モットンに合う枕ではめりーさんの高反発枕をおススメしている人や、実体験レビューで良かったという人が結構いますが、私には合わなかったようです。
(返金保証を使えるから試してみるというのはアリですが)

 



 

 

首の長さや太さ、枕の固さや高さも関係してくるので、高価な枕でも全然ダメな場合もあるし、逆に安い枕でも合えば肩こりもイビキも軽減できるはずです。

 

お客様に合う枕を提案するときやオーダーメイドの場合も、今使ってるのに近い固さのマットレスに寝てもらって微調整していくのがセオリーです。

 

 

モットンに合う枕選びに欠かせない2つの要素

肩こり、いびき対策としてモットンに合う枕はコレです!というのは残念ながらありませんが、寝具のプロの視点でモットンに合う枕の選び方をお伝えします。

 

 

自然な寝返りにはなるべく幅が広い枕

少なくても幅50cm以上の枕を強くおススメします。

 

モットンで寝ると結構寝返りを打つことになるので、寝返り時の頭の動きが出来るだけ自由にできるものがいいですね。
寝返りが増える頭の動きが多ければいびき対策にもいいし、首肩の血行もかなり良くなるので。

 

 

最悪なのは幅が狭くて、両端がちょっと盛り上がっているような枕です。

 

イビキ対策として横向きに寝返りした時に頭が収まりやすいとい枕はこんな設計が多いんですが、これだと寝返り時の頭の動きが限定されてしまうのでモットンで寝ていても寝返りが打ちにくくなってしまいます。

 

 

私も肩こりやいびきで悩んでましたが、寝返りは超重要です。

 

ということで、モットンで寝ると寝返り回数が増えるので幅が広く寝返りの際頭の位置が制限されないような枕がおススメです。

 

 

高さ調節できる枕

いびき対策だったら低めの方がおススメですが、枕の高さは好みがあるし、なんといっても人の首の長さや太さによって感じ方が大きく変わってきます。

 

その意味で高さ調節ができるものであれば失敗する確率が低くなります。

 

 

探すと色々と高さ調節できる枕はあるので、実際に使ってみて自分に合う高さに調節できるのがいいですよ。
また、肩こり対策としては枕も理論上は高反発素材の方がいいんですが、枕は違和感を感じると全然寝付けなくなるので心地よさを重視してください。

 

私が今のところ一番しっくり来てるのは西川エアー3Dという枕。
高さ調節も出来るし、幅が広く結構気に入ってます。
西川エアー枕

 

ただ、100点ってわけじゃありません。
丸洗いできないし、若干硬すぎるかもしれません。

 

>>西川エアー3D枕の最安値はコチラ<<

 

 

モットンに合う枕のまとめ

モットンは寝返りを打ちやすくした高反発マットレスで、マットレス「モットン」の評価|口コミと実際の違いを徹底検証でも感想を書いてますが寝返り回数は確実に増えます。

 

だから、モットンで寝る場合は自然な寝返りを邪魔しないような枕を選びことが重要です。

 

また、枕の高さは実際に使ってみないとわからないところが多すぎるので、高さ調節できる枕がおススメです。

 

モットンジャパンがモットンとセットでおススメしているめりーさんの高反発枕は高さ調節できないのであまりおススメしませんが、返金保証が出来るのでお試し感覚で使って合えばそのまま使えばいいし、合わなかったら返金処理をしてください。

 

枕選びはマットレスと違って結構難しいですが、今あげたポイントさえ守れば思いっきり外す可能性はかなり低くなると思いますよ!